「作品が主役」はわかりにくい の巻

売れ線の商用音楽は音楽を売ってるんじゃなくて歌手やタレントが主役のキャラクタービジネス。キャラ多い方がビジネスチャンス増えるし、広告宣伝、イベントにかかる費用抑えられるから儲かる。

そこではキャラを邪魔しない「今風のどうでも”良い音楽”」の必要がある。あまりに個性的な音楽だとそっちに気が行っちゃうからよろしくない。

そういう仕組み。それを「音楽業界」言うなよと思う。

一方、憂歌団だってキングクリムゾンだってZEDDだって、作品や演奏が主役。マイケルジャクソンだレディガガだシンボリックな存在もたまに居るけど前者が圧倒的多数でしょ。それが「音楽」の世界。

日本のテレビで流れるような音楽しか聴かない友人から見て自分のやってることが「わからない」らしく、更にSNSのお陰で「秋元きつね」が前に出てるからタレント? 有名人? …を目指してる? みたいな誤解与えてるっぽいのよね。

「作品が主役」スタンス、自分でもうまく説明出来なかった。他に例えられる人が居なくて。上記のバンドとか知らないし…

どう楽しんだらいいのかもわからないっぽい反応。え、聴いて楽しかったら楽しいでいいじゃん! と思うんだけど、

はんのうがない。ただのしかばねのようだ。

そういう人ものすごい多いんだろうなぁ
ここ読むくらいの人ならわかるでしょ?
その疎外感というか、伝わらない感。


それもあって最近ネット上は引っ込んでる。
vimeoに大量アップしたのも「作品を前に」の一環。


出来るだけメジャーな所で、メジャーな人たちと明るく楽しくガシガシ行きましょ。もう行動と結果を見せるしかないもんねえ

ドキドキしたいんだなー の巻

先週、一気に過去作品並べて見えた事。

https://vimeo.com/kitune/albums

ドキドキしたい&させたい

棚からぼた餅 藪から棒 瓢箪から駒

脳内ジェットコースターでドキドキ
何が起こるかわからないドキドキ
脳みそ置いてけぼりになるドキドキ

その結果、なんだかどーでもよくなっておきらくごくらく!

==============

うちの作品嫌いな友達が居た。

1つ1つ理解して「こういうところが面白かったです」って感想文に書けるようなモノしか好きになれないんだって。

その人は手品・マジックも嫌いらしく、聞けば自分が理解出来ないモノ、思考が追いつかないモノ、思い通りにいかないモノ、そういうトリッキーなもの全般嫌いなんだって。

自分を不安にさせるモノ>嫌い>頭に来るらしい。多分プログレとかハードコアテクノも嫌いだろうな。ホントは動物とか子どもも嫌いだろうな。

だけど安心安定を求めて頑張ったり我慢したり、二択ならそっちが主流よね。オレから見るとすんごいワガママとしか思えない。まぁでも誰だってワガママに生きたいか。

御意

オレなんか安心・安定したらドキドキ出来なくて退屈。白目むいてぼーっとするしかない。そんななったら死んだも同じ。

てことは安心安定を求めるパートナーとつがいになるのが理想的かもな。だけどいちいち話が合わないな。

良く言えば太極 悪く言えば対立

オレは「違う」こと面白がれるけど相手が無理。

残念! まぁいいや。

好奇心の赴くまま「未知」に突っ込んでは怒られたり大失敗したり。それで「がんばれ!まさおくん」「トホホくん」「せがれ」「ドジラ」…失敗してもへこたれないキャラが誕生するわけね。

もっと強く! の憧れ的な。
なるほど メモメモ

==============

色々ハッキリした。これから益々何も考えずGO 誰に迷惑かけるわけじゃなし、オレが困ったら指さして笑えばいいさ。笑われて困る事ないからぜんぜんへっちゃらだ〜い(死語)

映像は良い感じだからこのまま行くとして
音楽でドキドキ、いいさじ加減見つけたい。

Spiky Spoon
スプーンおじさんよろしく
http://www.spikyspoon.com

過去のバンド用映像いくつかアップ の巻

vimeo / ALBUM
Video for OLD Live Performance
http://vimeo.com/album/2967700

持ちネタアップするだけのつもりが見直したらなんだかちょっと直したくなって…ムダに時間かかりました。DVDや電子ブックに収録されてるものもちょっとバージョン違うんで許しましょう。

すべて1280x720です。残念ながらDVDや電子ブックより高解像度です。

他にも色々ありますけどまぁとりあえず「こんなの作ってた」を知ってもらうには充分かな。

アルバムの説明にも書いた通りライブ用映像は映像作品ではなく前で演奏してる事が前提で作られてるんで完成度を求められてもこまりんぐです。

1992年からライブ+映像でやってきてライブの度に部分部分少しずつ作り直して今の形になってます。

ライブ用映像で実践学習。

なかなかソフト覚えるための勉強の時間なんて取れないんで、自由に作れてしかも見せられる場のあるライブ用映像で学習。手法・技法の模索も。どうしたら手早く良い結果出せるか。現場でお客さんの反応見たり聞いたりしながら。

今作るとしたらこういう感じだけど、全部直してると前に進まないからもうやめ!! のためにvimeoにアップする作戦で。

これからはSpiky Spoonで音楽+映像こしらえていきます。
http://www.spikyspoon.com/

もう一通り使えるし学習に時間使うのもったいないから、何にソレを使うか。ソレを使って何するか。そっちに集中してます。最新の技術・センスで作り直してたらキリがないから。アップした映像だって数年前のものでもう恥ずかしい。そっち追いかけていってもどうせ数年後には恥ずかしいからね。

男は中身で勝負!!!

空っぽだけど!!!

どんだけ空っぽかで勝負だ!!!

過去動画 整理&アップの巻

ニュースレターとTwitterでは報告しましたが、vimeoに過去の作品をドドドっとアップしました。

Albumという単位で整理してあるんでこちらからどうぞ
https://vimeo.com/kitune/albums

これまでもアップしてはいたんですけど、全部じゃないからなんだか気持ち悪く心残り。とはいえ個別に上げるとすごい数になって閲覧するのもめんどくさいからある程度繋いでアップしたい。なかなかやる暇なく時折思い出しては気持ち引っ張られてたんです。

今年「キリンだゾウ!」〜「Spiky Spoon」〜「染五レンジャー」そして今納品しようとしてるアニメ、どんどん良い感じになってきたんで未来の加速度増すために、今だ! GO! と。

1999年「ハコいりせがれ」38話全部
2001年「はてなくん」線画アニメ(いいとこ抜粋)
2002年「ムダベラベラ」「ムダオヤジ」全話
2005年「ズントコトンズ」1〜8話だけ(充分)
2006年「イベリコブタ」全話
2007年「ムダブンブン」全話
2010年「MEAT OR DIE」これは第3話だけ
2010年〜2014年妄想歌舞伎用ダイジェスト版
2012年 たにぞうさんちのイベント用

お陰で気持ちスッキリしました。また引力ある過去に何か見つけたら1つ1つ整理して推進力増していきたいなと。

クーピー木を描く の巻


ちょっと幹が太くて葉っぱでかい木が欲しいなと描くついでに途中経過の写真とか面白いかなーと思って撮ったんだけど、途中から夢中になっちゃってすんごい大ざっぱになりましたな。

描いていくうち、まともになっちゃうから、最初のラフの時点でものすごいラフに描かないとダメっつーことですな。

紙の上では良い感じでもアニメの中で使うと結構スカスカになるから、最後は力入れて隙間埋めないといけませんな。

パソコンに取り込んだら 暗部上〜げて、彩度下〜げて なんとなくですな。